CBD初心者必見!購入前に知っておくべき4つの効能効果!CBDまるごと解説

CBD

初心者がはじめてCBD商品を買うとき、まず健康への影響が気になります。これには、どのような効能効果あり、また副作用があるのか、正しい情報から学ぶ必要があります。

次に初心者が気になることはCBD商品と大麻取締法との関係です。実際にCBD商品のなかに大麻の成分THCが含まれていたことが発見され、厚生労働省が販売会社に商品を回収させています。

このような情報を聞くと、本当にCBD商品をストレス緩和や美容効果使って大丈夫なのか不安になります。このとき不安を解消するのに重要となるポイントが正しい情報です。

ここではCBD商品の正しい情報を学ぶために、CSDの基礎知識、CBD商品の危険性、効能効果のメリットとデメリットを解説します。

そもそもCBDとは?購入前に必ずお読みください!


CBDは大麻草に存在するカンナビノイドの一つです。正式名称はカンナビジオールで、その略字がCBDです。カンナビノイドにはCBDも含め100種類以上の成分があり、そのなかに大麻の主成分THCが入っています。またTHCは大麻草の成分のなかでもっとも多く存在し、その次がCBDです。つまりTHCは大麻草の部位によって量に違いがあっても、全体に分布していることがわかります。

WHO(世界保健機関)の報告書には、CBDはTHCのような向精神作用である多幸効果や幻覚、依存性が確認されていないと報告されいます。このような意味ではCBDは安心して使用できます。

カンナビノイドはCB1とCB2という2つの受容体に結合し効果を発揮します。CB1は脳や脊椎などの中枢系に存在し、一方のCB2は免疫やリンパなど末梢系に存在します。またTHCがCB1に作用し、CBDがCB2に作用すると考えられいます。

このようにCBDがどの受容体に結合するかによって生じる効果が違ってきます。詳しくは効能効果の項目で解説します。

大麻草に含まれる大麻の成分(THC)のような覚醒効果や依存性が無いとWHOの調査でわかってします。ただし大麻草から製造されたCBD商品に関しては、不純物としてTHCが含まれている可能性が否定できないのです。

例えば、水道水はどんなに濾過しても不純物は残ってします。

CBDとは、大麻草の主成分であるカンナビノイドに含まれる100種類以上の物質の1つです。カンナビノイドには、CBD以外に日本の法律で規制を受ける大麻の成分で有名なTHC(テトラヒドロカンナビノール)もあります。

THCは向精神作用と呼ばれる多幸感や幻覚、依存という効果をもっています。またTHCの特徴として大麻草でも成熟した茎や種子では微量で、この部位だおCBDの方が多く含まれていることがわかっています。ところがCBD製剤には化学合成のもの以外にCBDだけ含有する製剤がありません。

だからCBD製剤として販売するオイル、リキット、ヘンプ などには、正しい情報が必須となります。

CBDは危険?副作用やリスクについて


・CBDの危険性について200字程度で述べてください。
・2回目に執筆していただいた「CBD 危険性」のリンクをこちらに貼るため、そちらの記事も合わせて読みたくなるような誘導文の記載もお願いします。
日本で販売するCBD商品は合法であると言う人がいますが、実際には輸入するとき厚生労働省に製造元が成分分析結果を提出する義務があります。ここでTHCが含まれていないことを輸入業者の責任を担保します。

ところが厚生労働省は販売後にTHCが含まれている可能性があると疑ったCBDに対して、独自で成分分析を実施します。その結果、THCが含まれている場合、 CBD商品名を公開し輸入元に回収させています。

ここまでの責任は輸入業者がもちますが、実際にはすでに販売したCBD商品なので購入者がもっています。大麻取締法は大麻を嗜好している人を罰する法律ではなく、所持していることを罰します。

つまり情報不足でTHCが含まれているCBD商品をもっていたことで大麻取締法違反になる危険性が浮上してくるのです。特に摘発されたCBDはヘンプと呼ばれる産業用大麻から製造しています。

詳しくは「購入前に読んで欲しい4つの危険視」に載っています。いま日本で販売しているCBDは合法でなく、厚生労働省が静かに監視する危険な一面をもっています。

CBDの効果効能 5選!

もしかするとここまでの説明で、CBDは危険、CBDは大麻、CBDは怖い、このようなイメージをもった人もいるのではないでしょうか。

実はこのような疑いのイメージもつことは、健康食品やサプリメントを買うときの重要なポイントの一つです。知らないと損する失敗しないための心得として覚えておいてください。

これをもとにCBDの効果効能を以下の4選から解説します。

  • 不眠への効果
  • 痛みへの効果
  • 抑うつへの効果
  • てんかんへの効果

不眠への効果

不眠には
「なかなか眠れない」
「朝、目覚めてもスッキリしない」
「朝早く起きてしまい、二度寝ができない」
「夜中に何度も目が覚めてしまう」
という四つのタイプがあります。

でもどのタイプであっても不眠はなんとか改善したいと考えるはずです。現在、日本人の5人に1人が不眠で、20人に1人が睡眠薬を服用しています。

このような状況下でCBDは、不眠に効果があるといわれ注目されています。
効果に関するデータは、抗てんかん薬として米国で承認されたエビディオレックの副作用です。
その副作用とは傾眠です。CBDの少ない臨床データのなかでは貴重なデータになります。

メリットは、エビディオレックスという医薬品の副作用がCBDの不眠への効果が裏づけているので期待がもてることで、初心者とっては嬉しい効果になります。

デメリットは、エビディオレックスの副作用という点から、服用したすべての人に発現するわけではないので、効果にバラツキが出ることが考えられます。

ただしCBDを服用しても効果が得られない場合は、医師の診断を受けましょう。

CBDに詳しい初心者ならご存知かも知れませんが、CBDブームの火付け役になった効果が抗てんかん効果です。
すごく厳しい審査をする米国のFDA(食品医薬品局)で認可を取得している効果です。特に抗てんかん効果は、難治性てんかんで有名なドラベ症候群とレノックスガストー症候群に臨床試験で効果を示しています。商品名はエビディオレックスです。

メリットは、THCを含まないCBDであれば向精神作用がなく依存性もないことから、CBDのもつ他の効果で使用しやすくなったことです。まだ動物実験段階の効果について人のデーターが取りやすくなりました。

デメリットは、抗てんかん効果を期待する人が限られ医師の許可が必須なので、医薬品で販売されるCBDを初心者やリピーターが入手することができないことです。

痛みへの効果

むかしからCBDの効果として、多くの研究者が抗炎症作用に興味をもち動物実験が行われてきました。
特に自分の免疫で攻撃される難病の1つである間接リウマチで実験されてきました。実験結果では、免疫を抑制する効果がわかってきました。

メリットは、関節リウマチで悩む人が多く存在し、免疫を抑える薬が開発されてきました。ところが承認されている医薬品が効果を示さない人もいます。このような実験でCBDが関節リウマチに効果が期待できれば、免疫をコントロールできる機会が増えます。

デメリットは、動物実験だけの証明になるので人のデータが少ないです。また動物実験のなかには、ネガティブ結果も発表されています。つまり効果にバラツキがあるということです。

抑うつへの効果

CBDがストレスと不安に効果が期待できるのではないかといわれると、THCが含まれているからだと誤解を受けるかも知れません。。

しかしCBDの動物実験で感情や気分をコントロールするセロトニンを増加させる作用がわかっています。セロトニンはうつ病などにも関係する神経伝達物質です。

つまりストレスが原因となり不安が慢性化する精神疾患への効果に期待できるのです。

メリットは、現在社会において過度なストレスと慢性的な不安を抱える人が増えているので、不眠の効果も含めて精神的に疲れが溜まっている人が安心できることです。

デメリットは、動物実験が中心で実際に人に使ったデータが少ないので、効果にバラツキが出ます。またストレスを減少させるのはCBDだけではないので、人的な協力も必要になることです。

てんかんへの効果

もともとカンナビノイドは、がんの薬物療法の副作用である吐き気止めとして使われてきました。吐き気止めの効果は、THCでも認められています。

しかし近年、CBDにも吐き気止めの効果をもっていることが動物実験でわかってきました

メリットは、カンナビノイドの医薬品で吐き気止めの効果が証明されているので、手軽に服用でき効果発現も速いので、吐き気で苦しむ人には嬉しい効果になることです。

デメリットは、動物実験が行われているだけで実際には人でのデータがカンナビノイドであるため、効果にバラツキが出る可能性が高いことです。

近年、CBDが美容業界で大注目されている??


最近、CBDの美容効果が注目されています。理由は、CBDにはストレスや不安などに効果を示したり、免疫系を抑えたりするなど、カラダの内側と皮膚などの外側から改善する効果が期待できます。

つまり現代社会のように学校や仕事で過度のストレスを受けたり、運動不足や食生活のバランスが崩れたりする人が増えているので、CBD1剤でこの悩みを改善できるのです。

メリットは、サプリメントのようにCBDオイルを服用できたり、CBD化粧品やCBD入用剤などを含めると、いろいろな方法でチャレンジできることです。またカラダの内側と外側が元気になれば、アンチエイジングにも期待が持てます。

デメリットは、CBDに対するアレルギーやCBDの純度などがなかなか理解できないので、どの商品を選べば良いかわからないことです。今後、美容に関する体験談などが増えれば、イメージが湧くかも知れません。

まとめ

最後に記事の内容をおさらい!
・CBDの抗てんかん効果が米国で承認されたので、CBD商品が使いやすくなりました。
・不眠、不安、吐き気止めの効果は、初心者にとってCBDを試すきっかけになります。
・CBDの効果である抗炎症は、美容効果への期待が持てる新規の作用になります。

コメント

  1. […] CBD初心者必見!購入前に知っておくべき5つの効能効果!CBDまるごと解説C… […]

  2. […] CBD初心者必見!購入前に知っておくべき5つの効能効果!CBDまるごと解説C… […]

  3. […] CBD初心者必見!購入前に知っておくべき4つの効能効果!CBDまるごと解説CBD… […]

  4. […] CBD初心者必見!購入前に知っておくべき4つの効能効果!CBDまるごと解説CBD… […]

  5. […] CBD初心者必見!購入前に知っておくべき4つの効能効果!CBDまるごと解説CBD… […]

タイトルとURLをコピーしました