CBDオイルの使い方とは?おすすめのタイミングや適量についても解説!

CBD

CBDオイルは北米を中心に海外で人気を誇る成分であり、近年日本にも上陸し注目を集めています。

ではこのCBDオイルですが、使い方についてはどのようになっているのでしょうか?
適量はどれくらいか、おすすめのタイミングはいつかなどを意識することがとても大事です。
CBDオイルの摂取方法はいくつかありますが、適切な方法で摂取することでCBDの持つ効果を最大限に享受することができます。

今回はCBDオイルの使い方について解説していきます。

そもそもCBDとは?購入前に必ずお読みください!


そもそもCBDとは何なのでしょうか?
CBDとはカンナビジオールの略称であり、麻(ヘンプ)に含まれる成分であるカンナビノイドの一種で、オイルの形で抽出したものを使用するのが一般的です。

麻(ヘンプ)成分の中でも大きな比重を占める成分がCBDですが、違法性について心配された方も多いのでは無いでしょうか。
「麻」と聞くと「大麻」というキーワードが連想されがちであり、この大麻は依存性などのトラブルを引き起こすものでありそもそも所持・使用は違法となります。
これは大麻草に含まれるカンナビノイドの一つであるTHCと呼ばれるものになります。

CBDはTHCとは別物のカンナビノイドであり、WHO(世界保健機関)でも依存性は無いとのコメントを受けており、日本での使用も許可されています。
CBDを語る上で何かとついてまわる違法性の問題ですが、改めて「違法性はない」と認識しておきましょう。

またCBDには「スペクトラム」による違いがあり、フルスペクトラムと呼ばれるものとブロードスペクトラムというタイプのものがあります。
フルスペクトラムは大麻草に含まれる全てのカンナビノイドを含み、ブロードスペクトラムはTHCを除いた全成分を配合したものになります。

CBDにどんな効果がある?


続いて、CBDの効果について解説します。
CBDの効果は多岐にわたり、筋肉や関節の痛みや炎症に効果が期待され、リラックス効果などの精神面での効果も期待することができます。

海外の臨床試験では、CBDの投与がてんかんにも有効性を示したことも報告されています。
不安やストレスを感じやすい人が使用することでそれが緩和されたり、眠りが浅い人にも効果が期待されます。

乾燥肌を始めとする肌トラブルへの対処にも使うことができ、幅広くメリットを享受できる成分であるということができます。

CBDオイルの使い方!

以下、タイミング・適量・使い方について解説します。
経口での摂取が一般的ですが、その際には以下のポイントを意識することが大事です。

  • 摂取するタイミング
  • 適量について
  • 使い方について

摂取するタイミング


CBDオイルの摂取タイミングですが、得たい効果によって変わってきます。
例えば睡眠が浅く悩んでいるという方であれば就寝前の摂取がおすすめです。
一方、関節や筋肉などの痛みを抱えている方は痛みを感じているときがおすすめです。
薬ではないので食前・食後のどちらがいいのかという明確な決まりはありませんが、油分と一緒に摂取することで分解を抑えることが期待できるとされています。

適量について


適量についてはCBD濃度により異なります。
各商品のホームページなどで適量の記載があるので、それを守って使用しましょう。
「1日◯適」という形での推奨量の記載がされるのが一般的です。

人によって効果を実感できる量は変わってくるので、推奨量の範囲内でご自身に最も効果のある量を使用してください。
CBDの使用をこれから始めるという方は、少なめの量から始めて徐々に量を増やしていくことをおすすめします。

推奨量を超える量を摂取した場合、下痢や強い眠気、疲労感などの作用が報告されているので必ず用量は守って使用してください。
身体に重篤な危険を及ぼすような心配はありませんが、早く効果を得たいからといって大量に摂取するのは危険ですのでおやめください。

使い方について

続いてCBDオイルの使い方について解説します。
CBDオイルは経口での摂取が一般的です。
オイルを直接口にする方法と、オイルを電子タバコのカートリッジに充填して加熱して吸うという方法、こめかみなどの肌に塗る方法が代表的な方法になります。
また、グミやキャンディタイプで販売されているCBD商品もありますが、これらは普通のお菓子を食べる感覚で摂取してもらって問題ありません。

飲むタイプ


直接オイルを口にする場合にはスポイトでオイルを吸引して数滴を口に垂らします。
口に垂らしたあとはすぐに飲み込むことはせず、舌の裏側にオイルを溜め込むような形でゆっくりと飲み込んでいくことをおすすめします。
1分から3分ほどかけてじっくりと身体に染み込ませるイメージで摂取してください。

吸うタイプ


電子タバコ形式での摂取の場合はカートリッジにオイルを数滴入れてスイッチを入れて加熱します。
カートリッジもメーカーによって種類が異なるので、説明書を確認の上で使用しましょう。
ールやニコチンは含まないので肺への影響はありませんが、加熱することで喉に負担がかかる場合もあるので、喉が弱い方はオイルを口にたらす方法をおすすめします。
ただし用量は必ず守ってください。

塗るタイプ


経口が一般的と解説しましたが、オイルを身体に塗ることも利用することが可能です。
経皮吸収率が高いのがCBDオイルの特徴であり、こめかみにオイル塗り込むような形で使用することでストレスの解消などに効果が期待できます。
こめかみ以外にも足の裏に使用することも可能です。
CBDオイル配合のクリームもありますが、これは顔を含めた全身に塗ることができ、肌トラブルに対処することができ、リップクリーム代わりに使用することも可能です。

まとめ

CBDオイルの使い方について解説してきました。
CBDに関する情報はまだまだ少なく心配に感じている方も多いと思います。
これからCBDを始める方は、まずは少量からスタートした上で効果を確かめていきましょう。
用量を守って使用すれば悪影響を及ぼす可能性は非常に低いのもCBDの特徴です。
直接オイルを口に含む場合の他、電子タバコタイプやグミなどの形式もあるのでご自身にとってベストな方法で摂取しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました