【話題沸騰中のCBD】正しい選び方とは?

CBD

CBDは北米やヨーロッパ各国において現在注目を集める成分であり、日本においても取り扱いの数は増加傾向にあります。
商品の数が多くなるにつれて、どのCBD商品を選べばいいのかがわかりにくくなってしまいます。
そこで今回はCBDについての基本的な情報を解説した上で、その種類や濃度についての違いを解説した上で、CBDの正しい選び方を解説していきます。
CBDの効果を最大限に得るためには自分に合った商品を継続的に使用することが重要なので、是非参考にしてください。

そもそもCBDとは?購入前に必ずお読みください!


まずはCBDについて改めて解説していきます。
CBDとは麻(ヘンプ)に含まれる成分(カンナビノイド)であるカンナビジオールの略称です。
CBDと大麻(マリファナ)との関係性については誤解されている方も多くいますが、大麻特有の中毒症状は、カンナビノイドの1種であるTHCというものが影響しています。
CBDはこのTHCというとは切り離されたものであり、もちろん違法性もありません。
世界保健機関(WHO)もCBDの中毒性は認めらないとコメントしています。
CBDの効果に関しては身体に生じるあらゆる痛みの緩和や炎症を抑える効果が期待されるほか、不安やうつなどの精神的なトラブルに対してもその効果が期待できます。
人間にはエンドカンナビノイドシステムと呼ばれる身体調節機能がありますが、この機能が崩れることで心身にあらゆる問題を生じさせます。
CBDの摂取によりエンドカンナビノイドシステムを正常化させる効果が期待できるとされています。

CBDは危険?


CBDは心身に対してポジティブな効果をもたらすことが知られていますが、使用に際しての危険性は無いのでしょうか。
まず、CBDは医薬品ではなく健康食品として分類されることから、摂取により重篤な副作用をもたらすという心配はほとんどありませんし、上記解説の通り依存性を生じさせる心配もありません。
ただし摂取にあたっては用量を守る必要があり、推奨用量を超えて摂取するといくつかの不調を起こす可能性が報告されています。
代表的な例としては下痢、疲労感、強い眠気などが挙げられます。
ただしこれはあくまで過剰摂取した場合であり、どうしても不安な方はまずは少量からの摂取をおすすめします。

CBDの選び方のポイント解説!

CBDの摂取方法はいくつかあり、ご自身に合った摂取方法を取るのがベストです。
また、CBDの濃度も重要な要素です。
濃度が高いほどCBDの持つ効果を得やすくなります。
高い効果を得るには、自分に合った摂取方法を継続することが大事です。

  • CBDの種類
  • CBD濃度やCBD配合量
  • 高い効果が得られるもの

CBDの種類


CBDの種類について詳しく解説します。
今現在販売されているCBDの商品の中で代表的なものとしてオイルを直接飲む方法リキッドを電子タバコで吸う、そしてCBDの配合クリームを塗るという方法があります。
オイルを経口摂取する場合、スポイトでオイルを吸い、それを舌の上に垂らします。
舌の裏でじっくりとオイルを溜め、時間をかけて飲むのがポイントです。
リキッド(液体)を電子タバコで吸う場合には、別売りのカートリッジにリキッドを入れて加熱して吸引します。
クリームは身体に塗る形式のCBDの商品です。
身体に塗ることで肌の炎症を抑えたり保湿する効果が期待できます。
リップクリーム代わりに口に塗ることもできます。

CBD濃度やCBD配合量


CBD濃度や配合量は商品購入の際には必ずチェックしておきたいポイントです。
濃度の高さはCBD特有の効果の発揮に比例するので、濃度や配合量の多いものを利用すればそれだかメリットを享受しやすくなります。
濃度は最も少ないもので1%、高いものでは10%を超えます。
効果を早く得体からといって初心者の方がいきなり高濃度のものを利用すると、身体がうまく適応できない場合もあるので、まずは低い濃度から始める、もしくは高濃度の商品を推奨用量よりも少ない量ではじめてみるというのがおすすめです。
その後徐々に量を増やしたり濃度を上げていくなどして調整していきましょう。
ただし効き目を感じないからといって推奨用量を超える量を使用するのはやめましょう。

高い効果が得られるもの


CBD商品には摂取方法の他にも、製造方法の違いがあります。
通常、CBDのみを抽出する(CBDアイソレート)方法で製造されますが、別の製造方法としてフルスペクトラム製法と呼ばれるものがあります。
これは、CBD以外のカンナビノイドやビタミン・ミネラルを一緒に抽出した製法になり、CBDアイソレートよりも高い効果が期待されます。
また、濃度に関してはあまりに濃度が低い商品では効果を感じにくくなります。
濃度の高さは値段の高さに比例しますが、価格が低いからという理由で濃度の低い商品を継続適に使っても中々メリットを感じることができません。
最初は低めの濃度から始めるのがベターではありますが、より高い効果を得るには5%以上の濃度のものの使用をおすすめします。

CBDの選び方!

上記を踏まえて、CBDの選び方について解説していきます。
CBDの効果を得るには、濃度や配合量を考慮することが大事ですが、効果をしっかりと得たいのであれば継続的に利用することが重要です。
1回や2回の摂取で100%の効果を得ることは難しく、また効果を感じ始めても使用をストップしてしまえば意味がありません。
継続的に利用するにはオイルの経口摂取が良いのか、電子タバコ形式がいいのか、自分に合った方法を選ぶことが大事です。
また、現在抱えている悩みに応じて商品を選ぶのも大事です。
身体に強い痛みを感じる場合や強いストレスを感じている場合には濃度の高めのものがおすすめですし、そこまで症状がきつくない場合には濃度の低いものからの使用が推奨されます。

まとめ

CBDの選び方について解説してきました。
繰り返しになりますが、CBDは継続的な利用を行うことが効果実感のためには重要です。
CBDの種類や濃度については違いがあるので、いきなり自分に最適な種類・濃度の商品に巡り合うのは難しいものです。
解消したい悩みに基づいて種類について検討し、その上で低めの濃度からはじめて徐々に調節していくという方法をとることをおすすめします。
自分に合ったCBDを使用して、快適な生活を送りましょう!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました