CBDで集中力アップ!?その驚きの効果について解説します!

CBD

CBDは身体の不調を改善したりスキンケアにも用いられるなど、徐々にその効果の高さが日本にも伝わりはじめています。
そんなCBDですが、実は集中力アップにも効果が期待されていることをご存知でしょうか?
日々の仕事を行うときはもちろん、スポーツ等の場面では高い集中力を要求されますが、どのようなタイミングでCBDを摂取することでその効果を得ることができるのでしょうか。
今回はCBDと集中力の関係について解説し、さらにおすすめ商品についても紹介します。

そもそもCBDとは?購入前に必ずお読みください!

まずはCBDについておさらいします。
CBDはカンナビジオールを略したものであり、麻(ヘンプ)の抽出物であるカンナビノイドの一種です。
カンナビノイドにも種類があり、しばしばニュースでも取り上げられる大麻(マリファナ)特有の依存性や精神活性の影響をもたらすカンナビノイドがTHCと呼ばれるものです。
CBDにはこのTHCは含まれておらず違法性ももちろんなく、また依存性に関しても世界保健機関(WHO)からも問題ないとの意見が出ており、健康面でもデメリットなく使用することができます。
効果については後ほど解説しますが、どのような人でもCBDの持つメリットを享受することができ、年齢や性別を選ばずに多くの人が利用することができるということで今注目を集めています。

CBDの効果効能とは?

続いてCBDの効果効能について解説します。
CBDに期待できる効果は様々あり、代表的な例としては肉体的・精神的な不調の改善効果が挙げられます。
人間に本来備わる自己調節機能であるエンドカンナビノイドシステムが崩れることで心身に不調を感じやすくなりますが、CBD摂取により再び調節機能を改善させることができ、本来の状態に引き戻してくれます。
また今回のテーマである集中力アップ効果についても注目されており、仕事・スポーツなどの集中力を要する場面でのCBDの活用の有用性も知られています。

CBDを摂取することで集中力がアップする!?


CBDの摂取により集中力が高められる理由とは何なのでしょうか?
これは脳内の物質の分泌量に関係してきます。
脳内にドーパミンという物質が多く分泌されるとき、人間が高い集中力を発揮することができます。
一方で、過剰にドーパミンが分泌されてしまっても興奮状態となってしまい、集中力を削ぐことにもなってしまいます。
CBDの摂取により脳の中のドーパミン受容体に働きかけ、適切な量のドーパミンを分泌させることができます。
また、CBDにより睡眠の質を改善させる効果も期待できることから、日中の集中力を高めることができるという意味で間接的にも集中力アップ効果が望めます。
以下、CBDで集中力アップするポイントを以下の3つから解説します!

CBDで集中力アップするポイントを以下の3つから解説します!

  • 摂取するタイミング
  • どんな場面で効果的か
  • 最適濃度
  • 摂取するタイミング

    CBDの効果を実感する上では、摂取のタイミングは非常に大事です。
    CBDの摂取方法としてはオイルを経口で摂取したり、リキッド状のものを電子タバコで吸う、もしくはグミ等のお菓子として食べるのが一般的ですが、
    摂取から効果が出るまでに最低でも30分は要すると考えましょう。
    なので、仕事やスポーツで集中力を高めたいときには、実際の行動の30分前には摂取しておきたいところです。
    濃度や摂取量によって異なるので、何回か試しながら最適なタイミングを見つけましょう。

    どんな場面で効果的か

    人間は生活を送る中で集中力を要求される場面が多々あります。
    プロのアスリートでなくてもスポーツをする際には場面場面で集中力が試されますし、また仕事や勉強においても同様です。
    何か新しいアイデアを考える、問題点を探る、試験勉強をするというときには余計な雑念を取り払い、今抱えている課題や問題にフォーカスすることが結果に繋がります。
    CBDの集中力アップ効果はこうした場面で期待することができ、アスリートでもビジネスマンでもそのメリットを受けることができます。

    最適濃度

    CBDには濃度があり、低いものでは1%、高いものでは10%を超えるものまであります。
    そして、CBDの効果をより実感するには、それなりに高い濃度のものを摂取することをおすすめします。
    濃度が高くなるにつれて価格も上がっていきますが、安いもので済ませようとして濃度の低い商品を使っても効果を実感しにくいということにもなりかねません。
    しかし、CBDには特段の副作用は無いとはいえ濃度の高すぎるものをいきなり使うと違和感を感じる可能性もあります。
    そこで、初心者の方は3~5%を少量から使い始め、慣れてきたら摂取量や濃度を上げていくという使い方をおすすめします。

    日本で購入可能な、集中力が高まるおすすめCBD製品3選

    以下では、集中力を高めるのにおすすめのCBD商品について3つ紹介します。
    それぞれの濃度や価格などの情報について記載していくので、購入の際の参考にしてみてください!

    PharmaHemp(ファーマヘンプ)CBD オイル

    製品情報
    詳しくはコチラ
    成分 CBD、CBDV、CBDA、CBG、THCV
    容量 10ml
    CBD濃度 6.6%
    ポイント
  • 伝統的有機栽培で育ったオーガニックCBDを使用
  • 厳格なテストをパスしており安全性にも優れる
  • CBD含有量の多い品種を使用
口コミ

香りが良いので、高濃度高純度は本当だと思いますし、
またリピートしたいと思います。

CBD グミ HEMP Baby ヘンプベビー CBD2500MG

  • 気軽に摂取できるグミタイプのCBD
  • ソーダ・オレンジ・ストロベリー・レモン・グリーンアップルの5フレーバー
  • 第三者期間の監査をパスした安全な工場で生産
口コミ

一粒摂ることで遅くても1時間以内に
リラックス感得ることが出来ています。

成分 コーンシロップ、砂糖、コーンスターチ、ゼラチン、CBD、クエン酸、酒石酸、リンゴ酸、着色料、人工香料
容量 100粒
CBD濃度 2.5%

Aztec CBD リキッド

香り、吸いごたえ、コレに決まりです。迷ったらコレで間違い無し

  • ビタミン・ミネラルを豊富に含むフルスペクトラム製法
  • 7種のフレーバーから好きなものを選べる
  • 化学物質・農薬等不使用のオーガニックCBDを使用
容量 10ml
CBD濃度 10 %

まとめ

最後に記事の内容をおさらい!
・CBDは麻(ヘンプ)由来の成分で安全性も確認されている
・心身の状態を改善する効果の他、集中力アップにも効果が期待できる
・オイル、電子タバコ、お菓子タイプなど自分に合った摂取方法が可能

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました