CBDは安全?副作用やデメリットについて解説します

CBD

そもそもCBDとは?購入前に必ずお読みください!


まずCBDについて解説します。
CBDとは正式名称カンナビジオールの略称であり、麻(ヘンプ)に含まれる成分であるカンナビジオールの1種です。
カンナビジオールにはCBD以外にもいくつかの種類があり、依存性や覚醒作用をもたらす大麻(マリファナ)成分のTHCもカンナビジオールの1つです。
しばしばCBDは大麻と同一視されがちであり、本当に使って大丈夫なのかという声も耳にしますが、CBDと大麻は別物であり、大麻特有の作用が生じることもなく、当然違法性もありません。
CBD商品には、CBD成分のみを配合したCBDアイソレートや他のカンナビジオールも配合したブロードスペクトラム製法というものがあり、心身のコンディションを改善する効果が期待できます。

CBDを使うことは悪なのか?危険性について解説

CBDは大麻とは無関係のものであるとしても、使用することに問題は無いのでしょうか?
大麻のように所持・使用によって罰せられるということは無いので、違法性に関する心配は一切する必要はありません。

では、使用により何か身体に悪影響を及ぼすということは無いのでしょうか?
この点、世界保健機関(WHO)はCBDに依存性が無いということをコメントしており、使用について特段の悪影響を認めていません。
ただし経口摂取するCBD商品の場合には商品ごとに推奨用量があるので、この量を超える量を摂取した場合には好ましくない症状が出る可能性はあります。

CBDのデメリット

CBDの摂取により体の痛みを緩和したり、リラックス効果が期待できます。
一方で摂取によりデメリットが出る可能性も0ではありません。
CBDは薬ではなく健康食品に分類されますが、CBD以外の健康食品でも過剰摂取により何らかのデメリットが出るはある程度仕方ないことですが、CBDはこのデメリットが少ないと言われています。

しかし、やはり推奨された量を守るということは大事になります。
また、CBDは誰にでも効果が出るというものではなく、効果には個人差があります。
オイルやリ電子タバコで吸う場合、もしくはグミ等のスナック感覚で食べるものもありますが、こうした商品はそれぞれCBD濃度があります。
濃度が高い程CBDの効果を得やすいと言われていますが、高い濃度でも効果を感じにくいという場合はあります。

また、現在ではかなりの数のCBD商品があるので、一体どの商品を選んだらいいのかわからないというのもデメリットと言えます。
安全性を示す第三者機関の証明書を公式ページで提示しているものを選ぶようにするのがポイントです。

CBDの副作用


上記でも解説の通りCBDは薬ではないので、摂取によって重篤な副作用が生じるということはありません。
しかし、過剰摂取や体質によって何らかの副作用が起きる可能性はあります。
CBD摂取により起こりうる副作用を以下に記載していますが、こうした副作用が出た場合には摂取量をへらす、濃度を下げるということを意識し、それでも改善されない場合には摂取をやめるもしくは医師に相談するという措置を取るようにしましょう。

CBDの副作用を以下の3つのポイントから解説します。

  • 1.アレルギー反応
  • 2.眠気
  • 3.肝臓への影響

1.アレルギー反応

CBDは麻(ヘンプ)から抽出される成分であることは解説しましたが、この植物に対するアレルギー反応が見られる可能性があります。
花粉症や動物アレルギーの場合に見られるような目のかゆみやくしゃみといった一般的なアレルギー症状生じる可能性がありますが、アレルギー反応が過剰になると稀にアナフィラキシーショックを起こす場合も考えられます。
摂取を止めることで症状も緩和されるケースがほとんどであり、アレルギー反応が出るかどうかは人それぞれということになります。

2.眠気

CBD摂取による効果として、リラックス効果があります。
脳内の興奮物質であるアドレナリンの働きを抑制することで興奮状態や緊張状態を鎮める効果が期待できる一方、これが眠気という形で現れることがあります。
夜寝れない人にとってはこの作用はメリットとなりますが、これから気合を入れて頑張らないといけないのに眠くなってしまうということは避けたいところです。
そのため、CBDは摂取のタイミングを意識する必要があり、仮眠・睡眠の前やリラックス状態を得たいときに使用するのがおすすめです。

3.肝臓への影響

CBDの効果や安全性を調べる研究結果では、CBDの過剰摂取によりマウスが肝臓の障害を引き起こしたという結果が出ています。
これはあくまでも「過剰に」摂取した場合の例であり、また人間ではなくマウスに対する実験結果なので100%人間の肝臓に悪影響を及ぼすというものではありませんが、肝臓が弱い方は注意しましょう。
繰り返しになりますが、過剰に摂取しないということが何事も大事であり、悪影響を及ぼさないためには用量を守るということが非常に大事です。

まとめ

CBDの副作用について解説してきました。
CBDに限らず、体内に取り入れるものは用法・用量を守るということが大事です。
薬ではないとしても、CBDの過剰摂取により何らかの悪影響が出る可能性があることは否定できません。
まずは用量を必ず守るということを大事にし、またご自身の体調・体質に合った濃度のCBD商品を使うということが大事です。
自分に合った商品を正しく使い、CBDの効果を最大限に得られるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました