【YouTube動画まとめ】ゴリラクリニックの医療脱毛はどのくらい痛い?痛みの軽減方法についても解説!

メンズ医療脱毛

ゴリラクリニックの医療脱毛で感じる痛みを、実際に施術を受けたYoutuberの声を参考にまとめました。
ゴリラクリニックは5種類の脱毛器を使い分けており、どの脱毛器を使うかや、麻酔の有り無しでも痛みが変わってきます。
脱毛は1回で終わることは少ないので、長く通うことが前提になります。

なので自分が痛みに耐えられるかどうかというのは、かなり重要なポイントになってきます。
ヒゲの医療脱毛には安くないお金がかかりますので、Youtuberのレビューを参考にどれくらいの痛みがあるのかを知っておきましょう。

ゴリラクリニック

ゴリラクリニック

ゴリラクリニック 公式サイト

参考動画

今回は「加川のサブchさん」「おるたなチャンネルさん」「人生サイキドウ通信-Met-さん」の動画を参考にしています。

ゴリラクリニックのヒゲ脱毛はどのくらい痛い?

・加川のサブchさん
ゴリラクリニックには笑気ガスによる麻酔と塗り薬による麻酔がありますが、この方は笑気ガスが体に合わず気分が悪くなってしまったそうです。
なので塗り薬の麻酔を使って1回目の施術を受けたそうなのですが、確かに痛いのは痛いが、これくらいなら耐えられるなという痛みだったようです。
ただ最初はどの患者さんも肌の影響を見るために、脱毛器の出力を下げて施術をするので
出力を上げた場合はどうなるか分からない、ということでした。

またゴリラクリニックには5種類の脱毛器があり、それぞれ出力が違います。
そしてヒゲが濃い部分はより強い脱毛器で施術することになったため、1回目の痛みの感覚はあまりあてにしない方がいいと言っていました。
ただこの方は鼻下、耳、眉毛は麻酔なし、しかもあごやあご下よりも強い出力で照射したのですが、全然耐えられる痛みだったそうです。
むしろあごやあご下の、出力は弱いが同じところを何回も照射される感覚の方が苦手だったようです。
そして施術後、やはり痛みが強いとされる出力の強い脱毛器で照射したところの方が脱毛の効果を感じられたということでした。

・おるたなチャンネルさん
一番痛い部位は「鼻の下」で、脱毛器の出力を抑えて麻酔をしていても涙が出るくらいの痛みがあったそうです。
痛みにそれほど強くない方は、施術を途中でやめることもあったそうです。

麻酔は別料金になりますがほぼ必須となるでしょう。
ただその分、効果はかなりあり、7回ほど通えば見違えるほどヒゲが薄くなるということでした。

・人生サイキドウ通信-Metさん
この方は5回目の照射まではそれほど痛みもなく、麻酔なしでも耐えられそうなくらいだったということです。
そして5回目の施術にあまり効果が感じられなかったため、6回目で出力を上げてもらいました。
すると、これまでに感じたことがないほどの痛みだったそうです。

特にあご下は、短い間隔で同じところを何回も往復しながら照射するのですが、ずっと熱い鉄板を当てられているように感じ他と言っていました。
なのでできるだけ照射の間隔を空けてもらって、連続して熱さと痛みを感じないようにしてもらったということです。
しかしそれだけ痛みを感じた施術の後は、ヒゲの伸びが今までにないくらい速くなって、抜け落ちていったそうです。
やはり痛みが強くなるほど、脱毛の効果も高くなる傾向があるようです。

効果についての記事はこちらにあるので参考にしてください!

脱毛器の種類とそれぞれの痛みについて


ヒゲの医療脱毛では、使う脱毛器によって出力が違うので、痛みや効果も変わってきます。
また、脱毛器によって肌への負担や脱毛の期間も変わってきます。
そこでここからはゴリラクリニックで使われている、2種類の主な脱毛器について解説します。

主な2つの脱毛器を解説します。

  • 蓄熱式 メディオスター

  • 熱破壊式 YAGレーザー

蓄熱式 メディオスター

メディオスターの最大のメリットは、痛みが少ないことです。
一般的な脱毛は毛根そのものを熱で破壊するのですが、メディオスターは毛根よりも浅いところになる「バルジ」と呼ばれる部分を破壊します。

そしてメディオスターは熱破壊式レーザーよりも小さな出力で細かく照射し、照射部位に熱を蓄熱して徐々に破壊していきます。
また、強力な冷却ヘッドがついているので、肌へのダメージもかなり少なく、照射後に赤みが出ることもありません。
そして肌の色味などに左右されないのも特徴で、肌が弱かったり、日焼けや肌の色で照射できなかった方もメディオスターなら施術を受けることができます。

ただ、加川のサブchさんのように同じところに何回も照射される感覚が苦手、という方も中にはいらっしゃるようです。
そしてメディオスターは痛みが弱い分、効果が出るまでの期間が長くなるというデメリットもあります。
早く脱毛を終わらせたいとか、この部分だけを重点的に脱毛して欲しいという”デザイン脱毛”を、希望される方にはあまり向いていません。

熱破壊式 YAGレーザー

YAGレーザーは一度の照射で、対象部位の毛根を熱破壊するレーザーです。
これにより3日~10日ほどで毛が抜け落ちていくため、メディオスターより早く脱毛の効果が実感できます。
できるだけ短い期間で終わらせたい方におすすめと言えるでしょう。

ただ毛根を熱で直接破壊するため、強い痛みが伴います。
そして毛が濃くなればなるほど、その痛みは強くなっていきます。

また肌への負担も大きいので、スタッフさんと相談しながらYAGレーザーを照射するかどうか決めるのがよいでしょう。
黒いメラニン色素に反応するという性質上、日焼けをしている方には使えないというデメリットもあります。
YAGレーザーは黒いメラニン色素に反応するので、まずはメディオスターでヒゲを薄くしておいてからYAGレーザーに切り替えるということもできます。

痛みの軽減方法は?


ゴリラクリニックでは、レーザー照射時の痛みに耐えられるよう2種類の麻酔が用意されています。
今回、動画を紹介したYoutuberさんたちも、みんな麻酔を使ったと言っていました。
男性の脱毛は女性の脱毛に比べて、毛が太いので痛みを感じやすいです。
なので別料金にはなりますが、麻酔の使用は必須と言えるでしょう。

痛みが強いほど脱毛の効果も高くなる傾向があるので、麻酔で痛みを抑えて効果の高い施術を受けるのがベターですね。

ゴリラクリニックで用意されている1つ目の麻酔が、”笑気ガス”による麻酔。
これは亜酸化窒素と医療用酸素を使用した麻酔で、酔って感覚が鈍くなったような状態になります。
痛覚も鈍くなっているので、ヒゲ脱毛の時の痛みを感じにくくなるのです。

そして2つ目は、麻酔クリームによる麻酔。これは麻酔成分の入ったクリームを肌に塗って、痛みを和らげるものです。
麻酔クリームを塗ってから約30分ほどかけて麻酔剤を浸透させ、それから施術という流れになります。
こちらもまれに肌に合わないという方がいらっしゃるので、その場合は先ほどの笑気ガスによる麻酔を使用するといいでしょう。
こうした麻酔メニューは医療行為に当たるため、脱毛サロンにはありません。
もし痛みに弱いという自覚がある場合は、ゴリラクリニックのような医療脱毛を行っているクリニックに行くようにしましょう。

ゴリラクリニック料金表

料金表は以下のようになっています。

医療脱毛・部位 料金(税別)
全部位(鼻下・アゴ・アゴ下) 6回 68,800円
全部位+部位追加(ほほ・もみあげ) 6回 58,600円
全部位+部位追加(首) 6回 45,000円
鼻下 6回 36,000円
アゴ 6回 36,000円
アゴ下 6回 36,000円
ほほ 6回 45,000円
もみあげ 6回 36,000円
6回 45,000円

料金についての記事はこちらにあるのでぜひ参考にしてください!

まとめ

今回の記事では、ゴリラクリニックに実際に通ったYoutuberの生の声と使われている脱毛器の特徴、そして施術時の痛みについて解説しました。
出力が高い脱毛器を使うと痛みは強いですが、その分高い脱毛効果を得ることができます。
麻酔によって痛みを和らげることもできますので、肌への負担も考慮して
自分にとって一番ベストな方法を相談しながら、クリニックに通うようにしましょう。

・出力の高い脱毛器は痛みも強いが、その分高い効果が得られる
・施術を受ける時は麻酔は必須
・自分の脱毛の目的によって使う脱毛器の種類を変えよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました