NFTゲームのガス代の相場は?節約方法やおすすめのNFTゲームも紹介!

NFT

NFT(ブロックチェーン)ゲームにおけるガス代とは、キャラクターやアイテムを購入する際に必要な「手数料」のことです。

多くのNFTゲームを管理しているアプリ「イーサリアム」の特性上、ユーザーの数が増えるにつれ、ガス代は高騰する傾向があります。

将来的には「レイヤー2ソリューション」などの新たな仕組みが取り入れられ、ガス代の高騰は収まる可能性は高いですが、今現在NFTゲームをプレイしている人としては、できるだけガス代を節約した上でトランザクションしたいと考えているのではないでしょうか。

本記事では「ガス代とは何か」をふまえた上で、節約する方法や、おすすめのNFTゲームについても紹介していきます。

ガス代とは?NFTゲームにおける注意点

ガス代とは、NFTを取引する際にかかる手数料のことです。

2020年1月時点のイーサリアムにおけるガス代は、約9円程度でしたが、2021年5月には約数千円にまで高騰してしまいました。
イーサリアムのブロックチェーンでは、1秒ごとに承認されるデータ量が決まっています。
加えて「ガス代を多く支払った順」にデータが処理されるため、NFTの取引が多い日はガス代が高騰しやすくなるのです。

自分のNFTの処理を迅速に承認してもらうためには、「ゲームに参加している他の人と同程度のガス代」を支払わなければなりません。

とはいえ、誰しも無駄にガス代を支払いたくはないですよね。
ガス代を節約する方法について、以下で詳しく解説していきます。

ガス代を安くする方法

ガス代を安く設定して申請が通らなかった場合、申請内容を変更するか、一旦申請をキャンセルしなくてはならないなどの手間が生まれてしまいます。

また、ガス代はブロックチェーンのシステムを守るための「必要経費」であることを前提とした上で読み進めてください。

ガス代を安くする方法を以下の3つのポイントから解説します。

  • ①ネットワークの混雑状況を見る
  • ②レイヤー2ソリューションを活用する
  • ③ツールを利用してガス代を計算する

①ネットワークの混雑状況を見る

上述のように、NFTゲームのブロックチェーンネットワークが混雑している時は、ガス代が高騰しやすいです。

ネットワークの混雑状況を見て、ガス代が安くなるタイミングを狙うのをおすすめします。

「Ethereum Price」というツールを利用すれば、1週間分のトランザクション(取引)の量が多い時間帯を調べることができます。

急ぎのトランザクションでないのであれば、ガス代が安くなるタイミングを見計らって処理を申請しましょう。

②レイヤー2ソリューションを活用する

「レイヤー2」とは、イーサリアムのメインネットから分散させトランザクションを処理することにより、アプリケーションの拡張を支援するためのソリューションのこと。
レイヤー2を活用することで、イーサリアムのアプリの処理能力が向上され、ガス代の節約が可能になるのです。

イーサリアムのガス代高騰問題を受け、近年、レイヤー2のイノベーションが促進されています。

最新の動向を常にチェックしておきましょう。
ガス代を節約する方法が随時アップデートされていくはずです。

③ツールを利用してガス代を計算する

「Gas Now」や「Etherscan’s Gas Tracker」といったツールを利用すれば、ガス代の節約が可能になります。

これらのツールは、イーサリアムで現在処理が滞っているトランザクションを分析し、ユーザーが指定した期間内でトランザクションを完了するための「必要最低限のガス代」を教えてくれます。

またMetaMaskウォレットでは「支払い可能なガス代の上限」も設定できるため、利用することで効率よくガス代を節約することができるでしょう。

NFTゲームのおすすめTOP5

①Axie Infinity

Axie Infinity 公式サイト

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)は、「Axie(アクシー)」というモンスターを戦わせるゲーム。

2021年8月現在、「Blockchain Game Info」によれば、イーサリアムの取引額や、アクティブユーザー数が最も多い大人気のゲームです。

Axie Infinityではゲームをプレイすることで、以下の2つの仮想通過を入手できます。

・SLP(時価総額ランキング244位)
・AXS(時価総額ランキング41位)

これらを日本円に変え収益を上げることが可能です。

  • 1.1ヶ月に最低でも約1万~1万5千円の収益を生み出せる.
  • 2.アクシーをただ戦わせるだけでなく「やりこみ要素」がある
  • 3..プレイヤーが多いため情報収集しやすい

②Crypto Spells

Crypto Spells 公式サイト

Crypto Spells(クリプト・スペルズ)は、日本の企業「Crypto Games株式会社」が運営するトレーディングカードゲーム。

ゲームで使用するカードがNFTとなっており、入手したレアカードをNFT市場で販売し収益を上げることができます。
また、入手した「カード発行権」を使い、オリジナルカードを生み出せるシステムも。

ユーザーの投票によってカードの能力値が決定されており、ブロックチェーンゲームならではの「非中央集権型」の仕組みを採用しています。

  • 1.サービスが終了しても手に入れたカードが手元に残る
  • 2.ゲーム開始時にスターターデッキ(30枚)が無料でもらえ、すぐにプレイ可能
  • 3.ゲーム内通貨のSPLを少額(約1万7,500円)から購入できる

③My Crypto Heroes

My Crypto Heroes 公式サイト

My Crypto Heroesは、double jump.tokyo株式会社によって2018年にローンチされた日本発のNFTゲームです。
過去に地上波でCMが放送されていた事もあり、国内では人気を博しています。
歴史上で活躍したヒーローを集め、エクステンション(武器)を装備させ対戦させるタイプのMMORPGです。
それらを売却することで収益を上げることができます。

同社が2020年11月9日にローンチした「MCH Coin」が、My Crypto Heroesのガバナンストークンです

  • 1.MCH Coinは今後価格が高騰する可能性を秘めている
  • 2.イーサリアム以外にPolygonネットワーク上でもプレイ可能
  • 3.ヒーローのデザインを好きな仕様に変更できる「アートエディット機能」がある

④Sorare

Sorare 公式サイト

Sorare(ソラレ)は、「実際に行われたサッカーの試合の戦績がゲーム内容に反映される」という、新たな仕組みが採用されたトレーディングカードゲーム。

ユーザーは、世界中に実在する選手のカードを集め、オリジナルのチームをつくり他のプレイヤーと戦うのです。

シーズンの終了時、ランキングが上位のユーザーはレアカードを入手することができます。

そのカードがNFTとなり、NFT市場にて販売することで収益化が可能です。

  • 1.Jリーグの選手もカードになっているため日本のサッカーファンでも楽しめる
  • 2.世界的に人気のスポーツであるサッカーがテーマであるため、今後も人気が継続する可能性が高い
  • 3過去のシーズンに発行されたカードを使い続けることができる

⑤CryptoKitties

CryptoKitties 公式サイト

CryptoKitties(クリプト・キティズ)は猫を育てるシンプルな内容ながら、NFTゲームが脚光をあびるきっかけとなったゲームです。

2017~2018年にNFTゲーム界を席巻し、2021年の現在も未だに人気が持続しています。

その人気は、Crypto Kittiesで育成された猫のキャラクターが1000万円以上の高値で取引されることもあったほどです。
猫のキャラクターにそこまでの価値がついた理由はいまだにはっきりと分かってはいません。

  • 1.「猫を育てるだけ」のシンプルなゲームなので、ゲームに馴染みのない人でも楽しめる
  • 2.1000万円以上の高値で取引された実積に裏打ちされた「高い収益性」がある
  • 3.猫が可愛くデザインされているので女性にもおすすめ

まとめ

NFTゲームの登場によってついに「ゲームで稼げる時代」がやってきました。
現在はシンプルなゲームが多いものの、将来的には、大手企業の参入によって「もっとおもしろく稼げるゲーム」も誕生しその勢いは加速していくでしょう。

最後に記事の内容をおさらい!

・ガス代=手数料
・ガス代を節約するためにはツールの利用と計画性が必要
・レイヤー2ソリューションの動向もチェックしておく

ガス代を節約し、自分に合ったNFTゲームをチョイスし、楽しみながら効率良く収益化を目指してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました