【やさしく解説】NFTアートの始め方は?誰でもNFTを作れる!?

NFT

「NFTアートは誰でもかんたんに始めることができます。」
難しい作業は必要ありません。専門知識も不要です。

とはいえ、
「実際、NFTアートの始め方がわからない。」
「NFTアートの始め方をわかりやすく教えてほしい。」
このように思っている方は多いでしょう。
そこで今回は、NFTアートの始め方をやさしく解説していきます。

具体的には、
・そもそもNFTアートとは何か?
・NFTアートの作り方・具体的手順
・おすすめのNFTマiーケットプレイス
・NFTアートの将来性
この順番で解説していきます。

「NFTアートを始めたいけど、挑戦の仕方がわからない」
この悩みが解決できる記事です。

2~3分で読める記事なので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

NFTアートとは?

NFTアートとは、アート作品(絵・音楽・写真など)をNFT化したものです。

NFTは非代替性トークンのことで、アート作品をNFT化することで唯一無二のデジタルデータが作れます。

NFTアートの特徴は、以下3点です。

NFTアートの特徴

  • 世界に1つだけの作品と証明できる。
  • データの送信ができるので、世界中の人を相手に販売可能
  • 誰が所有しているか明確にわかるため、コレクターは所有者であることを示しやすい

NFTは希少価値が高く、「本物の作品」と証明がされているため、価値が上昇しやすいです。

アメリカでNBA(プロバスケットボール)の名シーンをNFT化したものが、245億円を売り上げました。

国内では、西武ライオンズ栗山選手の「2000本安打達成」の瞬間のNFTが販売されています。

個人でも作品をNFT化して、収益化するクリエーターが増加中です。

NFTアートは、最も注目されている産業の1つといえます。

NFTアートの作り方!

前述したように、NFTアートを作るのは難しくありません。
また、作品をNFT化するだけなら無料でできます。
NFTアートの作り方・具体的手順は、以下5点です。

NFTアートの作り方

  • 自分のア―ト作品を用意する
  • ウォレットの作成
  • NFTマーケットの登録
  • 作品をマーケット上でNFT化する
  • 作品の詳細を記入する

自分のアート作品を用意する

NFT化する自分のアート作品を用意しましょう。デジタルでPCに保存できるものなら何でも構いません。
著作権侵害にあたるものは、すぐに見つかります。注意してください。

「自分では、アート作品を作れない。」
このように思う方は、作品を外注化することもできます。

費用がかかってしまいますが、デザイナー・アーティストに依頼することで、クオリティーを高められます。
制作会社やクラウドソーシングに依頼してみましょう。

ウォレットの作成

ウォレットとは、仮想通貨を保管する「デジタル財布」です。
NFTが売れた場合、売り上げはウォレットに送金する必要があります。

NFT最大の取引量の「Open Sea」では、イーサリアムという仮想通貨でNFT取引されます。
そのため、Open Seaを利用するために、イーサリアムウォレットの「MetaMask」が必要です。

NFTマーケットに登録する際もウォレットを登録するので、用意しておきましょう。



NFTマーケットの登録

自分が出品したいNFTマーケットのアカウント作成をしましょう。
「どのNFTマーケットプレイスを選べばいいかわからない。。。」
このように思う方が、大半を占めるでしょう。

そこで、次の章でおすすめのNFTを解説しています。
ご自身にあったマーケットプレイスが見つかるので、参考にしてみてください。

作品をマーケット上でNFT化する

マーケット上で、自分の作品をNFT化しましょう。
ほとんどのNFTマーケットが、作品をアップロードと同時に自動でNFT化してくれます。
販売までのプロセスも、とてもシンプルです。

また、販売方法はNFTマーケットによって種類があります。

・即時自動で販売される方法
・オファーをもらって販売相手を選択する方法
・オークション形式で販売する方法

販売戦略を決めて、作品をNFT化してみてください。

作品の詳細を記入する

NFTでは、どんな作品なのか「ストーリー」を伝えることも重要です。
アーティストの中には、作品をシリーズ化しているものや、売り上げを寄付するなどプロジェクト形式のものもあります。

あなたの、作品にはどんなストーリー・コンセプトがあるかも書きましょう。
詳細が書いてある作品の方が、書い手も興味を持ちやすいです。

NFTアートのマーケットプレイス一覧

コインチェック

コインチェック公式サイト

大手仮想通貨取引所「コインチェック」が運営するNFTマーケットプレイスがあります。
コインチェックNFTの特徴は、スケーラビリティーの問題を解決するために、オフチェーンを採用している点です。

スケーラビリティーの問題とは、ブロックチェーンへの負担が大きくなり、取引の遅延・ガス代(手数料)が高騰する現象です。

コインチェックNFTは、ガス代(手数料)の削減や取引方法の簡素化を実現しました。
現在、コインチェックNFTは4種類のNFTタイトルを取り扱っています。
今後もさまざまなNFTタイトルを取り扱う予定です。

【おすすめ項目】

  • 大手国内会社で安心してNFTを販売できる
  • シンプルなデザインでわかりやすい
  • ガス代の高騰を気にしなくていい

Rarible

Rarible 公式サイト

Rarible(ラリブル)は、アート作品がメインで取扱われているNFTマーケットプレイスです。
NFTの販売・購入が簡単にできるように、わかりやすいデザインで設計されています。
部分的に日本語対応です。

Raribleの特徴は、RARIトークンという独自の通貨を発行して運営している点です。
RARIトークンもNFTになっていて、NFTを販売・購入すると、RARIトークンを受け取れます。
2021年2月~3月にかけて、RARIトークンは10倍以上の価値になりました。

【おすすめ項目】

  • 1.デザインがシンプルでわかりやすい
  • 2.独自のトークンがもらえる
  • 3.NFTの売買と同時に資産を増やせる可能性がある

OpenSea

OpenSea 公式サイト

OpenSeaは、世界最大の取引量を誇るNFTマーケットプレイスです。
2021年8月にユーザー数・売上高を急上昇させました。

Openseaの特徴は、豊富なNFTの種類です。
CryptoPunks・Bored Ape Yacht Club の人気NFTシリーズはOpenSeaで取引されています。

アーティストのせきぐちあいみさんの作品が、「NFTで1300万円で落札された」と話題になりました。
せきぐちあいみさんが利用したのもOpenseaです。
コンテンツの数が充実しているのが、OpenSeaの魅力の1つでしょう。

【おすすめ項目】

  • 1.たくさんの種類からNFTを選べる
  • 2.取引量が多いマーケットで自分のNFTを販売できる
  • 3.有名アーティストの作品と並んで出品できる

Foundation

Foundation 公式サイト

Foundationは、「完全招待制」のNFTマーケットプレイスです。
登録前にアーティストを審査することで、NFTアートのレベルを上げています。
そのため、FoundationのNFTは高値で取引されることが多いです。

海外ユーザーが多いため、日本人が招待されることは多くありません。
購入する側は、誰でも参加可能です。
厳選されたアーティストのNFTを見ることで、参考になる点は多いでしょう。

【おすすめ項目】

  • 1.希少価値が高いNFTがある
  • 2.選ばれたNFTアーティストの作品が見れる
  • 3.権威性のあるアーティストになれる

Nanakusa

Nanakusa 公式サイト

Nanakusaは、日本発のNFTマーケットプレイスです。
2021年4月下旬にローンチされました。
日本発ということもあり、日本人に使いやすいデザインです。

nanakusaは、クレジットカードでNFTの売買ができます。(販売者が設定できる)
そのため、仮想通貨に詳しくない人や、仮想通貨の取引に抵抗がない人でも取引可能です。
また、nanakusaはアーティストを承認制にして、NFTのレベルを担保しています。

【おすすめ項目】

  • 1.日本のマーケットで売買できる
  • 2.日本人が作っているので、操作しやすい
  • 3.仮想通貨を持たなくても取引できる

NFTアートの将来性

NFTは、これから日本でも流行する可能性が高い産業です。
日本は世界と比べるとクリエーターの賃金が低く、待遇もよくないと言われています。
しかし、NFTがあれば個人のクリエーターが海外を相手に商売が可能です。

「自分には、アーティストとしての実績がないから、NFTを出品しても売れないのでは?」
こんな風に考える人は多いでしょう。
ただ、「実績のないアーティスト」がNFTを出品して、作品が評価された例はあります。

日本の小学3年生のNFTアートが380万円で売れました。
この小学生は、NFTを自由研究で作ったそうです。

自分の作品をもつクリエイターにとって、NFTは挑戦すべき事業の1つでしょう。

まとめ

この記事では、NFTの始め方・おすすめのNFTマーケットプレイスについて解説しました。
NFTは簡単に始められて、仮想通貨の取引をしたことがない人でも売買可能です。
NFTを販売するのも、無料でできます。気になる方は、自分のアート作品をNFT化してみましょう。

最後に記事の内容をおさらい!
・NFTの始め方はとても簡単!
・おすすめのNFTマーケットを紹介!
・NFTはまだまだ将来性がある!気軽に始めてみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました