【最新】売れ筋のNFTアートは何がある?NFTアートの種類と将来性を解説!

NFT

「売れ筋のNFTアート作品を知ると、どんな作品に価値があるのかわかります。」

この記事を見つけたあなたは、

「どんなNFTアートが評価されているか知りたい。」
「売れ筋のNFTアートをリサーチして、できるなら購入してみたい。」

このように考えているのではないでしょうか?

そこで今回は、売れ筋のNFTアートの種類・将来性を確認します。
すぐ読めて、売れ筋のNFTアートが理解できる記事です。

ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

NFTアートとは?

NFTアートとは、アート作品(絵・音楽・写真など)をNFT化したものです。

NFTは非代替性トークンのことで、アート作品をNFT化することで唯一無二のデジタルデータが作れます。

NFTアートの特徴は、以下3点です。

NFTアートの特徴

  • 世界に1つだけの作品と証明できる。
  • データの送信ができるので、世界中の人を相手に販売可能
  • 誰が所有しているか明確にわかるため、コレクターは所有者であることを示しやすい

NFTは希少価値が高く、「本物の作品」と証明がされているため、価値が上昇しやすいです。

アメリカでNBA(プロバスケットボール)の名シーンをNFT化したものが、245億円を売り上げました。

国内では、西武ライオンズ栗山選手の「2000本安打達成」の瞬間のNFTが販売されています。

個人でも作品をNFT化して、収益化するクリエーターが増加中です。

NFTアートは、最も注目されている産業の1つといえます。

NFTアートって具体的にどんな作品がある?

NFTアートの種類を解説します。
「NFT」と一言でいっても、さまざまなデータは「NFT化」できるので、種類もわかれます。
NFTアートの具体的作品は、以下5点です。

  • 画像データ
  • 動画データ
  • 3Dデータ
  • VRデータ
  • 音源データ

画像データ

現在、代表的なNFTの形が画像データです。

高値で取引されているNFTだと、ドット絵で描かれている「Crypto Punks(クリプトパンクス)」や
「Bored Ape Yacht Club(ボアードエイプヤットクラブ)」があります。

高値で取引されているものは、SNSのプロフィール画像・スマホの壁紙に使えて、「ファッション」として楽しめます。


https://opensea.io/collection/cyberkongz?locale=ja

動画データ

動画を「NFT化」することもできます。
2021年8月に、日本の大手広告代理店「電通」が、動画NFTトレーディングカードを推進していくと発表しました。

将来的には、Youtubeのような動画プラットフォームのコンテンツもNFT化されるかもしれません。

動画が、NFTになると、「不正アップロード」されることもなくなり、よりクリエーターが収益を受け取りやすくなります。


https://niftygateway.com/itemdetail/primary/0x948b3515d81034a3c16d5393c6c155946c93c103/1

3Dデータ

ダンスなどの動きのあるデータをNFT化するのに、3Dデータが適しています。
2021年6月にアーティストの「perfume」が、NFTアートのオークションサイト「NFT-Experiment」に3Dデータを出品しました。

また、3月にデジタルアーティスト・Beepleさんの作品が75億円で取引されています。

ゲームのアバターで3DデータのNFTをローンチしている企業もあり、今後さまざまな業界が3DデータのNFT化に取り組む可能性があります。


https://onlineonly.christies.com/s/beeple-first-5000-days/lots/2020

VRデータ

VRデータとNFTも相性のよい組み合わせです。

「Decentraland」というプラットフォームでは、VR空間がNFT化されていて、土地を売買できます。
VRアーティストのせきぐちあいみさんの作品は、海外で高く評価されていて、1300万円の高値で取引されました。

1300万円で売れたのは「Alternate dimension 幻想絢爛」という作品です。

VRアーティストが世界を相手に、収益を得られる時代になっています。


https://opensea.io/assets/0x495f947276749ce646f68ac8c248420045cb7b5e/16492278848544592155694269768232182247127444326603911797357187341687019536385?locale=ja

音源データ

音源データのファイルをNFT化して、流通させることも可能です。

海外アーティストの3LAU(ジャスティン・ブラウ)は、2018年に作成したアルバムをNFT化しました。

3LAUは、NFT化したアルバムで12億6000万円を稼いでいます。

ミュージシャンは、コロナ禍でライブなどの売り上げが減少していますが、NFTを使って新しい収入を作ることが可能です。

日本でも3LAUのように、アルバムをNFT化する有名アーティストがでてくるでしょう。


https://nft.3lau.com/#/auction

NFTアートの今後のトレンド

今後注目のNFTアートとして、「文章」がトレンドになるかもしれません。

海外で伸びているプラットフォームに「Mirror」があります。

これは、日本でいう「note」に近いです。自由にブログ記事を投稿できます。

noteと違う点は、作品をNFT化できることです。

小説・漫画をNFT化することで、希少性が増し、今後高値で取引される「文章」がトレンドになる可能性があります。

まとめ

NFTアートの売れ筋作品・今後のトレンドを解説しました。海外でNFTは話題になっていますが、国内ではまだ知名度が低いです。

たくさんの種類のアート作品がNFT化できるので、今のうちに海外で流行ったものを知っておくと、国内でブームが起きた時に時代の波にのることができます。

最新の情報をたえずチェックしましょう。

記事の内容を要約
記事で伝えたいことを3つ程度ピックアップして箇条書きで簡潔に伝える
以下参考

最後に記事の内容をおさらい!
・NFTアートは、さまざまなジャンルがNFT化できる
・今のうちに売れ筋NFTアートをチェックして、先行者優位になろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました