メタバース(仮想空間) 世界が注目しているサービス4選

NFT

10月28日にはFacebookがメタバースを想起させる「Meta」という社名に変更するなど、注目度は高まる一方です。
今回は、今世界中で注目されている「メタバース(仮想空間)」の関連サービスを4つ紹介します!
是非参考にしてみてください。
また、日本円に換金するための国内取引所は『bitFlyer(ビットフライヤー)』がオススメです!!

NFTゲームをプレイするのに必要なイーサリアムの購入も簡単にできますので、NFTゲームに興味がある方はbitFlyer(ビットフライヤー)公式サイトから口座を開設をしましょう。

bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトはこちら

そもそも「メタバース(仮想空間)」とは?

メタバースとは、インターネット上に作られた仮想空間で、「メタ(超)」と「ユニバース(宇宙)」を合わせた造語です。
仮想空間には、国境がなく物価や政治など外的な要因の格差がなく、他者と交流できる世界というイメージです。
詳しくは、以下の記事も参考にしてください!

メタバース(仮想空間)プロジェクト 4選

1.Somnium Space(ソウニウムスペース) – CUBE

Somnium Space(ソムニウムスペース)は、VRプラットフォームのプロジェクトです。

独自の経済圏と独自の通貨を持ち、ユーザーは仮想世界の中で土地の購入や建設、資産運用やVR広告で収益かすることまで可能になると予定しています。
ユーザーは、CUBEを使用して、土地区画、アバター、収集品、ウェアラブルなどのゲーム内アセットをトークン化できます。イーサリアムウォレットを使用すると、プレーヤーはETH、CUBE、およびNFTを保持できます。

過去30日間で、Somnium Space CUBEの価格は567%を超え、約2ドルから14ドルを超えています。Facebookのメタ発表の頃に価格急騰をしています。
広大なバーチャル世界で同じ作品をプレイするユーザーと「アバター」として知り合いながら現実世界とは別の人生と経済活動を送れるという点に価値があり、今後も期待大のサービスとなっています。

2.Decentraland(ディセントランド) – MANA

Decentraland(ディセントランド)は、Somnium Space同様VRプラットフォームのプロジェクトの1つになります。

「メタバース(仮想空間)」では、ナビゲート、構築、および収益化できる土地の区画を購入できます。Somnium Spaceと同様に、すべてユーザーが所有および運営する多数の小さな仮想不動産で構成されていることが特徴です。
MANAはそのネイティブトークンであり、土地やアイテムは、Decentraland内のNFTマーケット上でこのMANAを用いて売買ができます。
また、OpenSeaなどの外部のNFTマーケットに持ち出せば、イーサリアムなどの仮想通貨で売買することも可能です。
そのため需要のあるNFTのアイテムを手に入れたり、つくり出したりすれば、Decentralandで遊びながらそれらを売って収益化することも魅力です。
CUBEと同様に、MANAの価格は最近急騰しています。過去30日間で、トークンの価格は今日約70セントから2.44ドルになり、239%以上の急騰をみせています。

3.The Sandbox(サンドボックス) – SAND

The Sandbox(サンドボックス)は、ユーザーがLANDと呼ばれる土地のデジタル区画を購入し、その上にキャラクターやアイテム、ゲームを自作して他のユーザーと共有できるゲームになっています。

Minecraftのようなゲーム性になっており、定められたゴールや攻略順序がなくオープンワールドを自由に行動できることが特徴です。
SANDは、The Sandboxの仮想世界エコシステムのユーティリティトークンであり、アセットトークンの作成、マーケットプレイスでの売買、LANDに関連する処理の操作に利用されます。
The Sandboxの投資家は、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーで成功したスクエア・エニックスや、CryptoKitties・NBA TOP SHOTなどを産んだDapper Labs、ソフトバンクグループなど1億ドル以上の資金調達を発表しています。過去30日間、MANAやCUBEと同じように、SANDはMetaの発表の余波で、トークンの価格は231%以上上昇し、今日の約70セントから$ 2.50になりました。

4.MegaCryptoPolis(メガクリプトポリス) – MEGA

MegaCryptoPolis(メガクリプトポリス)は、仮想都市シミュレーションゲームです。
土地の売買や建築など仮想不動産で構成されており、色々なプレイスタイルで街づくりを進めることが特徴です。
ゲームを始めるには土地のブロックが必要になります。これにより、プレイヤーは建物を建設およびアップグレードして影響力ポイントを獲得することができます。
報酬は、建物の影響力(インフルエンス)という指標に応じて、ETHトークンを受け取ることができるシステムや、地区ごとに定められたオーナーになることで地区内の税率を決めることができるなど、非常に幅広い楽しみ方あることが魅力です。
MEGAトークンは、過去30日間に不規則なパターンを表示しました。11月2日までに12ドルから37ドルに急騰しましたが、現在は23.34ドルに下落しており、サポートを見つけているようです。

国内取引所はbitFlyerがオススメ!

日本円に換金するための国内取引所は『bitFlyer(ビットフライヤー)』がオススメです!!
まだ口座をお持ちでない方やメタバースに興味がある方はbitFlyer公式サイトから、まずは口座を開設しましょう!

日本円に換金するための国内取引所は『bitFlyer(ビットフライヤー)』がオススメです!!
まだ口座をお持ちでない方やメタバースに興味がある方bitFlyer公式サイトから、まずは口座を開設しましょう!bitFlyer

     bitFlyer 公式サイト       

コメント

タイトルとURLをコピーしました