オーガニックコーヒー厳選した5選!コーヒー好き必見です!

オーガニックスキンケア

近所のスーパーにもオーガニックコーヒーは売られていますが、数あるオーガニックコーヒーの中からおいしい人気のオーガニックコーヒーをお探しの方へ厳選した5つの有機栽培の珈琲を紹介します。
そもそもオーガニックコーヒーとは何なの詳しく理解していない人もいるでしょう。ここでは、オーガニックコーヒーの定義やおいしい珈琲の選び方も詳しく紹介。自宅で手軽においしく飲める製品を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

オーガニックコーヒーとは?


オーガニックコーヒーとは、農薬や化学肥料などを使わず有機栽培で育てられた珈琲豆を使用したものを指します。特別に高価な珈琲豆を用いた珈琲ではありません。
実は、オーガニックコーヒーと名乗ることが出来るものは厳しい規定をクリアしたものです。オーガニックコーヒーを審査する機関があり、そこで認められたものだけがオーガニックコーヒーを名乗ることが出来るのです。
オーガニックコーヒーを見ると、「有機JASマーク」がついています。これがあると有機栽培コーヒーであると認められているのです。つまり、農薬を使わず珈琲豆を育てると誰でもオーガニックを名乗れるわけではありません。認定の証であるマークがついているものであれば安心して購入できるでしょう。

従来のコーヒーと何が違うの?


オーガニックコーヒーは、農薬を使用せず自然に育てた豆を使用した珈琲なので、ポリフェノールが多いです。ポリフェノールが多いことで、独特の苦みやコクが強く出て従来市品より珈琲のうまみを強く感じられます
ただし、農薬を使用せず育てるため手間がかかります。そのため、従来製品と比較して料金が高めです。

多少料金は高くなりますが、コーヒーを定期的に飲むことで、シミ予防効果やガンリスクを軽減できることが分かっています。安全性が高いオーガニックコーヒーなら毎日安心して飲めるでしょう。

オーガニックコーヒーの選び方

オーガニックコーヒーの選び方には3つのポイントがあります。
オーガニックと言っても珈琲なので、普通の珈琲と選び方には大きな違いはありません。それでは、オーガニックコーヒーの選び方を以下の項目で詳しく解説します。

  • 焙煎方法で選ぶ
  • 豆か粉かで選ぶ
  • カフェインが入っているかどうかで選ぶ

焙煎方法で選ぶ


珈琲は生豆の状態では、青臭いだけでおいしいものではありません。焙煎することで、おいしいコーヒーになるのです。
珈琲の焙煎には基本的に8段階ものローストがあり、焙煎によって酸味や甘み、苦みなど味が異なるのです。

例えばアメリカンが好きなら、ミディアムローストがおすすめです。苦みが強い珈琲が好きなら、フレンチローストやイタリアンローストが適しています。
このように、好みの味に応じた焙煎方法を選ぶと良いでしょう。

豆か粉かで選ぶ


オーガニックコーヒーは、豆の状態でも売られていますが、粉でも売られています。
粉はアルミパウチなどに入れて売られていますが、豆に比べると空気に触れる面が大きいため酸化が早いです。
ただし販売数でみると、粉のほうが多いですし、豆よりも粉のほうが料金が安く設定されています。
豆を挽く時間が面倒だという人や、早めに消費をする人には粉が向いています。挽きたての珈琲の香りを楽しみたい人には、粉よりも豆がおすすめです。

カフェインが入っているかどうかで選ぶ


オーガニックコーヒーを選ぶ際には、カフェインが入っているかどうかも選択肢に入れると良いです。
珈琲に含まれるカフェインには利尿作用や覚醒作用があります。カフェインが入っている珈琲を夜寝る前に飲むと目がさえてしまうのは、覚醒作用があるためです。
また妊娠中はカフェインの摂取は控えなければなりません。しかし、妊娠中でもおいしい珈琲を飲みたいと思う人は多くいます。
このような場合には、カフェインレスのコーヒーを選択すると良いでしょう。

オーガニックコーヒーおすすめTOP5

オーガニックコーヒーおすすめTOP5を紹介します。

オーガニック フェアトレード カフェインレス ロースト&グラウンドコーヒー


伝統的有機農法で栽培され、手摘みされた極上の高地栽培アラビカ種コーヒー豆のみを使用し、丁寧にローストした珈琲です。
ゆっくりと丁寧にローストされているので、豆本来のおいしさを味わうことが出来る珈琲となっています。
カフェインレスでありながら、本格的な深い味わいのある珈琲は、丸みを帯びてバランスの取れた味。さらに口当たりが滑らかだと評判です。

オーガニック フェアトレード カフェインレス ロースト&グラウンドコーヒー 1,090円(税別)
主成分 アラビカ種100%
香り フルーティー
容量 250g
仕上がり 例)ナチュラル
  • 1. カフェインレスでありながら、本格的な素晴らしい味わい
  • 2. バランスのとれた豊かな味と香り
  • 3. スパイシーさの中にナッツのような香ばしいアロマが魅力

Tokyo Coffee Blend


東京コーヒーブレンドはTOKYO COFFEEのシグニチャーブレンドです。
東京コーヒーでは多くの自家焙煎コーヒーを販売しています。その中でも東京コーヒーブレンドは、イチオシの有機ブレンドです。
主に南米のアラビカ種のオーガニックブレンドで、朝いちばんでも飲みやすい、コーヒーの苦みが苦手だけど、ここの珈琲は飲みやすいなどと評判です。
ディープなコクのある苦味と、ほのかな甘みを感じられる味わい深さが特徴的。

Tokyo Coffee Blend 1,280円(税別)
主成分 南米の アラビカ種
香り ブラックチェリー、 アーモンド、 ミルクチョコレート
容量 200g
仕上がり コク深い味わい
  • 1. ディープなコクのある苦味
  • 2. 長く続くリッチな後味
  • 3. 甘味、 苦味、 旨味 を全て最大限に引き出した 奇跡のブレンド

小川珈琲店有機オリジナルブレンド


小川珈琲店有機オリジナルブレンドは、調和のとれたまろやかな味わいのオーガニックコーヒーです。
ペルー、メキシコ、エチオピアなど、5ヵ国の有機コーヒーを使用しているブレンドコーヒーです。
ブレンドをすることによって奥行きのあるまろやかな味わいに仕上がっています。酸味、苦味の調和がとれた芳醇な味わいのコーヒーなので、癖もなく非常に飲みやすいです。
パッケージにガス放出バルブがついているので長期間美味しく保存できます。

小川珈琲店有機オリジナルブレンド 820円(税別)
主成分 コーヒー豆(生豆生産国名:ペルー、メキシコ、エチオピア、ホンジュラス、インドネシア、ウガンダ)
香り 芳醇な香り
容量 170g
仕上がり まろやか
  • 1. 5ヵ国の有機コーヒーを使用
  • 2. 酸味、苦味の調和がとれた芳醇な味わい
  • 3. JAS認定 まろやかな味

有機栽培珈琲プレミアムブレンド


有機肥料のみを用いた農園で丁寧に育てられた生豆だけを用いています。
厳選をした生豆を熟練の職人がコークスを燃料として遠赤外線の効果で、一粒一粒丁寧に焙煎をした商品です。
遠赤外線により豆の奥までふっくらと焙煎をしているので、コーヒー本来の程よい苦みと甘みが味わえる珈琲になっています。上品な香りと柔らかな酸味、後味のよいコクが特徴的です。
400グラムも入っているのに1,000円以下という料金の安さも魅力的です。

有機栽培珈琲プレミアムブレンド 880円(税込)
主成分 有機コーヒー豆
香り 上品な香り
容量 400g
仕上がり ブレンド
  • 1. 上品な香りとやわらかな酸味
  • 2. 丁寧に育てられた生豆のみを使用
  • 3.あと味のよいコクが特徴

コーヒー豆 200g オーガニック ネパール カレンダーラ 完熟豆 自家焙煎

コーヒー豆 200g オーガニック ネパール カレンダーラ 完熟豆 自家焙煎 公式サイト

リンク珈琲のネパールは完熟豆だけを使ったコーヒー豆です。
完熟したコーヒーだけを丁寧に手摘みして、現地で徹底的に厳選されますが、この作り方はとても希少で、世界の 0.01% といわれています。
希少な作り方で作られた珈琲は、フルーティーな味と香りです。スパイシーな料理の後に飲めば口の中がさっぱりとします。また、苦みを抑えられているので、さわやかな朝の1杯にも最適です。

コーヒー豆 200g オーガニック ネパール カレンダーラ 完熟豆 自家焙煎 1,200 円(税込)
主成分 アラビカ種 100%
香り フルーティー
容量 例)45g
仕上がり 例)ナチュラル
  • 1. ネパールは完熟豆だけを使った コーヒー
  • 2. 世界の 0.01% といわれている希少な作り方を実践
  • 3. フルーティーな味と香りを楽しめる

まとめ

オーガニックコーヒーは農薬や化学肥料などを使わずに育てられた豆を使った珈琲です。残留農薬がないので、安心して飲めます。
ただし、手間をかけて豆を育てているため、少し値段は高くなりますが、オーガニックコーヒーはコーヒーの香りや苦味などが従来製品より強い特徴があるので、珈琲好きにおすすめ。焙
煎方法によって甘みや苦み、酸味など異なるので、自分の好きな焙煎方法で選びましょう。また、粉や豆がありますが、手軽に飲みたいなら粉が良いです。

最後に記事の内容をおさらい!
・残留農薬がないので安心
・オーガニックコーヒーはコーヒーの香りや苦味などが従来製品より強い特徴がある
・焙煎方法の違いで選ぶと良い

コメント

タイトルとURLをコピーしました