オーガニック認証マークとは?オーガニック製品を選ぶキーポイント!

オーガニックスキンケア

今、市場ではオーガニック製品を謳う製品で溢れかえっています。
しかし、中にはオーガニック製品と謳いながら実際に配合されている成分のほとんどが化学由来の成分である場合があります。
せっかくオーガニック製品を選んだのに化学由来の成分が多い製品だとオーガニックのメリットを感じることが出来ません。
そのような自体を防ぐためにオーガニック認証マークが付与されている製品を選ぶことが重要です。

今回は、オーガニック認証マークの特徴やなぜオーガニック認証マークが付与されている製品を選ぶべきなのかについて解説します!

オーガニック認証マークとは?


オーガニック認証マークとは、材料の土壌から作業工程、完成品に至るまでの製造工程において、環境や生物への負荷を最小限に抑えた製造方法で作られた植物を使った製品であることを証明するためのマークです。
この認定基準は、非常に厳しい基準をクリアした製品やブランドのみに付与されます。
オーガニックの需要の高まりから、今では世界各国の認証団体が独自の基準を設けて認証マークを付与しています。
また、食品や香水、化粧品までオーガニックの認証をしている認証団体があります。

このオーガニック認証マークは審査基準が厳しいため、消費者にとって製品を選ぶ基準となるだけでなく、ブランドや製品のアピールの材料としても利用されており、企業と消費者両方にメリットをもたらせています。

日本と海外のオーガニック認証マークの違い


日本と海外のオーガニック認証マークには違いがあります。

日本のオーガニックマークには有機JASマークがあります。
この有機JASマークは農林水産省の有機登録認定機関が審査、第三者認証として認証したものに付けられるマークです。主に食品がメインで、加工食品や畜産物、農産物に付けられるものです。
海外からの輸入品であっても基準をきたすことが出来れば有機JASマークが付与されます。しかし、日本では基礎化粧品や香水などのオーガニック認証マークが存在しません。

一方で海外のオーガニック認証マークは食品だけでなく化粧や香水もあり、植物由来の成分の配合量や添加物の種類、製法まで非常に細かく設定されているものが多いです。

日本製の化粧品や日本製海外の認証機関の基準を満たすことが出来れば、オーガニック認証マークを付与されます。

オーガニック認証マークがついているものを選ぶべき理由とは?


前述のとおり、日本には化粧品や香水を対象としたオーガニック認証機関が存在しません。
そのため、オーガニック製品と明記するための法的基準が存在しません。
オーガニックと謳っていても実際には、配合成分のほとんどが化学成分であったり、植物由来の成分がほとんど配合されておらず、せっかくオーガニック製品を選んだのにメリットを感じることが出来なくなる可能性があります。
しかし、成分表を見て植物由来の成分か化学成分かを自分で判断するのは難しいです。
そこで、海外のオーガニック認証マークがついている製品かどうかをチェックすることで安全で信頼できるオーガニック製品を選ぶことが出来ます。
その理由は、海外のオーガニック認証マークを付与されている製品は厳しい審査基準を合格した製品なので、植物由来の成分の配合量が多く化学成分が少ない製品を確実に選ぶことが出来るからです。

オーガニック認証マーク一覧

ここでは、具体的なオーガニック認証マークについて5つご紹介します!

ECOCERT

ECOCERT 公式サイト

ECOCERTはフランスに本部がある国際有機認証機関のことです。世界各地に支店があり、80か国以上で食品や香水、食品などの認証を行っています。
COSMECOとCOSMEBIOという二つの認証マークを策定しており、原料や製法で非常に厳しい基準を設けています。また認定後も一年に一回年次検査を行います。

COSMECOは次の基準が設けられています。
・完成品の95%が自然原料であること、
・完成品の5%がオーガニックでなければならないこと、
・植物原料の50%がオーガニックでなけれなばらないこと

COSMEBIOはより厳しく、COSMECOの基準だけでなく
・完成品の10%がオーガニックでなけれなばらないこと
・植物原料の95%はオーガニックでなけれなばらないこと
の二つがあります。

おすすめ事項を記載してください

  • 1.原料、完成品まで厳しい基準を設けている
  • 2.世界80か国で認められる実績
  • 3.年に一度年次検査を行うので、信頼性がある

NATRUE

NATRUE公式サイト

NATRUEはオーガニック化粧品の厳格な品質の維持を目的として作られたベルギー・ブリュッセルの国際的な非営利団体の認証マークです。定期的な会員企業の専門家や化粧品業界の専門家などの有識者を多数招いて常にオーガニック認証の基準を最新のものに更新しています。
また、消費者側に立つスタンスから更新された認証基準やプロセスは公開されています。
どのような基準でオーガニックと認証されているのかチェックしながらNATRUEの認証マークがついている製品を選ぶと安心して決められますね!

おすすめ事項を記載してください

  • 1.専門家により常に基準が更新されている
  • 2.基準だけでなく、認証プロセスが公開されているので安心
  • 3.化粧品に特化しているため、認証された化粧品の信頼性が高い

ECO Control

ECO Control公式サイト

ECO Controlは、ドイツ国内の企業により制作されたガイドラインです。企業により制作された基準ではありますが、第三者機関にチェックを依頼して認定を行うため、信憑性は非常に高いです。

ECO Controlの具体的基準
・農薬不使用、化学肥料や殺虫剤不使用
・放射線に汚染されていない製品であること
・動物殺傷分不使用
・石油由来の合成界面活性剤不使用
・化学保存料不使用

特に、石油由来の界面活性剤や化学保存料は肌の大敵となるので不使用なのは、安心ですね!
Eco Controlが認証した製品は敏感肌の強い味方になり得ます。

  • 1.第三者機関の認証のため、信頼性が高い
  • 2.肌の負担になる成分が不使用
  • 3.成分だけでなく製法でも安全性が基準になっている

USDA

USDA公式サイト

USDAは、アメリカの農務省がNOPと呼ばれる基準で定めたオーガニック認証マークです。
その基準は世界で最も厳しく、製造工程や完成品の成分や原料だけでなく、原料を育てる際の土壌にまで厳しく定められているため、信頼性が非常に高いです。
100%オーガニック、オーガニック、Made with オーガニックの三種類の基準があり100%オーガニックは最も厳しくなっています。
元々は食品や畜産物のために作られた認証マークですが、なんと安全性を極めた一部の化粧品にもこの認証マークが付けられています。土壌の安全性にまでこだわられた化粧品なので、オーガニックにこだわりたい方はぜひUSDAの認証マークがついているオーガニック化粧品を選んでみましょう。

  • 1.世界で最も厳しい基準
  • 2.食品だけでなく化粧品まで認証マークの対象
  • 3.土壌にまで安全性のチェックが行き届いている

BDIH

BDIH公式サイト

BDIHはドイツで発足した医薬品や化粧品商工業が掲げる認定ガイドラインのことです。
成分に制限されているモノや禁止されているモノが多く、保存料も安全に配慮されたものしか使用できないようになっています。石油由来の合成界面活性剤や合成香料、着色料も無添加で肌に優しい成分の製品になります。
また、可能な限り化学成分ではなく植物由来の成分を使い、成分の効果が衰えないように管理方法まで決まっているので、BDIHの認証マークがある製品はオーガニックのメリットを感じやすいことが特徴です。

  • 1.肌に負担のある成分が制限されている。
  • 2.植物由来の成分が中心
  • 3.管理まで基準があるので効果が衰えにくい

まとめ

今回はオーガニック認証マークの特徴やなぜオーガニック認証マークがある製品がいいのかについて解説しました。
最後に記事の内容をおさらい!
・オーガニック認証マークは原料などの厳しい基準をクリアした製品やブランドに付けられる
・オーガニックを謳って実はオーガニックではない製品が多いため認証マークがある製品を選ぶべき
・日本では化粧品や香水のオーガニック認証がないため、海外のオーガニック認証マークを参照する

せっかく使うのであれば、オーガニックの効果が感じられて安心できるものがいいですよね。
ぜひオーガニック認証マークの付いている製品を選びましょう!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

タイトルとURLをコピーしました